【九州・熊本発】パステルクレイデコアート・パステルアート・クレイアート・人生を変えるカウンセリングとヒーリングの『ヒーリングハーツ』三浦暢子のブログ
by healinghearts

カラー&アートセラピー講座開催

今日はカラー&アートセラピー講座を開催しました。

ゆっくり、のんびりとお話ししながら、楽しく過ごしました。


b0075497_23381599.jpg


色っていいですね。

どんな色もそれぞれに味があって、

「好きな色な何色ですか?」と聞かれたけれど、

どれも好きで答えられませんでした。

そのとき、そのときの気分で好きな色、感じていたい色って違うので。。。

そういえば、最近はブルー系のお洋服をよく着ます。

でも、またそのうちに、変わると思います^^

b0075497_17263248.jpg

[PR]
by healinghearts | 2008-04-28 23:48 | 和みアート

YOGA指導者養成講座がはじまりました。

今日から指導者養成講座がはじまりました。
開かれる場所もうちから自転車で5分程度のところで
とっても助かります。

今日は雨が降りそうな様子で、バスのほうがいいか、どうしようかと
思っていたら、時間もせまり、結局自転車で行きました。
間に合うか~っと少し急ぎめに走っていたら、近くの高校の強歩会と
ぶつかってしまい、思うように進まない。
でも、焦らず、反対車線へ渡ってスーイスイッと行くと
思ったより早くつきました。

帰りもお天気になって、気持ちよく自転車に乗れてよかったです。


さて、講座の受講者の方はみなさん、超ベテランです。
10年とか15年とか25年とかのキャリアです。

みなさんがお始めになっていたころ、私は小学生だったり、
学生だったころ?って思うと私なんてぺーぺーでございます(笑)


みなさんそんなに長い間、YOGAを続けていらしてすばらしいですし、
YOGA自体もそんなに長く続けられるものだということもすばらしいですね。


先日、お越しになられた角田先生という方は82歳でいらっしゃいました。

先生曰く、最近は色んなYOGAがでてきているけれど、みんなハードで
若い人にはいいかもしれないけれど、年をとってくるとそうハードにはできません。
ですが、私たちがやっているYOGAは年をとってもやれます。と。。。

YOGAは死ぬまでやるものだとおっしゃってました。

そうだと思います。

YOGAはスポーツではなく、宗教であり、瞑想でもあります。

そうだとすれば、それはいつでも、どんな人でもできるものでないといけないわけです。


今日は、アーサナについても、いつもよりきちんとした形を教えていただけたり
大変勉強になりました。

また、みなさんさすがベテランの方がたばかりでしたから、やっていても
とっても雰囲気もよく、気持ちよく過ごさせていただけました。

YOGAを始めて、私は肩こり腰痛も減りました。
気のめぐりもよくなって、本当にすっきりとします。

以前、ヒーリングなど始めた頃、瞑想をいきなりしようと思っても、
なかなか上手くいきませんでした。
ですが、YOGAで身体の気を整えると、オーラもすっきりして
瞑想、自分の内側に入りやすくなり、心も安定してきます。

精神だけを育てることはできません。
私たちは身体をもった存在ですから、身体をおろそかにはできないのです。
むしろ、この身体を使って精神までも育てていくというのが本当かと思います。



この講座は教師養成講座ですので、他の人にもYOGAをきちんとお伝えできるように
しっかり学ばないといけないので、それは少し大変ですが、
やっぱりこうやってYOGAしているときはとっても幸せです。
[PR]
by healinghearts | 2008-04-26 20:55 | private

神霊主義から神秘主義へ パート3

2001年にアロマテラピーを本格的に学びはじめました。
そして、オーラソーマ、バッチフラワーなどを知りました。

2002年にオーラソーマの受講を始めました。

2003年にレイキのアチューメントを受けました。
同じく、JMAでレバナ先生のヒーリングクラスに通いはじめました。


もう5年も前ですね。。。
この頃もきつい時期でした。

レイキのアチューメントはオーラソーマレベル2受講時に受けましたが、
その少し前から、仕事も辞めて、半年くらいずーっと引きこもっていました。

レベル3を受けたときに同じくレイキもサードを受けました。
そして、少しバイトを始めました。

でも、ひっそりと、なるべく人と接しなくてもいいバイトです。

とっても敏感になっていたんですね。
お花屋さんなんかでバイトして、人より植物ラブになっていましたし
植物から癒されていたのでしょうね。


この頃に、レバナ先生のクラスに行き始めましたが、
これだけいろんなことに手を出してましたから、もう資金も底をついてましたが
何とか親にもお願いしたりして、どこからともなく捻出し、東京まで
月1回、半年間通ったわけです。

親というのはありがたいですね。
仕事もせずに家にいても、確かに心療内科の薬なんて飲んでたこともあったので
多少は気を使っていてくれたのか、
何もいわずに、働かない娘を食べさせてくれました。

東京へ通うにも、おこずかいくれたりと。。。

私は幸せものでございました。


東京は、これもまた、大変でしたね。。。

毎回ビクビクもので通っていました。
緊張症との戦いです。

オーラのリーディングなんて、私の言っていることはあっているのかと
自信ないし、みんながすごい人に見えるし、通学電車は人がいっぱいで
パニックにならないかと心配で。。。

でも、スクールが終わって、仲良くなったお友達と延々とお茶をして
いろんな話をたり、ヒーリングをお互いにやったりすると
行きがけの緊張はどこへいったのか、帰りは元気に怖いものなしで
帰っていました。

あの空間で、気の合う人たちといっしょにいて、オーラが強くなったんですね。


通っていた半年は、あっという間に過ぎました。
学んでいる間は、自分が変わったのか、どうなったのかなど
わからずに、とにかく、教えてくれることを覚えることや理解することで
精一杯でした。


スクールが終わり、それから透視のクラスに行く友達もいれば、
ヒーリングだけで終わる人もいて、さまざまでした。

私も通いたいという気持ちはあったのですが、
これから1年ちょっと、また通えるか?しかも今度はもっと回数が増える。
もっと内容もハードになるだろうし。。。
自信がないし、しかも資金もない。。。

それよりも、私は家にいるのがイヤになっていました。
家を出たいという気持ちも強くなっていたのです。

父もちょうど定年退職して、家にいるようになっていました。
せまい家に家族4人、落ち着かない。。。

アロマやヒーリングも勉強したし、サロンも開業したい。。。

そして、私は、東京より、引越しを選びました。


2004年7月に家を出て、見切り発車で自宅サロンを始めました。


レバナ先生から学んだのは、”自由意志”です。
そして、一般的に、自分だと思っている自分というのは、
本当の自分ではなく、いろんな周りの影響で作りあげられた偽りの自分だと
知りました。

人ってこんな風にしてできていたんだ~とわかりました。

もちろん、肉体的には、両親から生まれ、身体はどうなっているかなど
解剖学でも勉強すればわかりますが、心とか思考なんて
どうして、そうなるのかなんて知らなかったわけです。


人はたくさん他人の影響を受けていて、ヘンな言い方ですが、
ある意味、知らないうちに、いろんな人から洗脳されているようなものなんです。

怒りッぽい人が身近にいれば、その怒りっぽい性格は自分にも伝染してくるのです。
その影響が長ければ長いほど、自分の性格に染み渡り、本物の怒りっぽい人になってしまうわけです。

私の性格も、緊張症やら、何やらもいろんな影響からきていたのです。

もちろん、潜在的な要素などもありますけれどね。。。


彼女はそういう影響を取り除くスキルも教えてくれました。

でも何より、このような真実を何より知ることができて、
自分は汚染されている。
目覚めないといけない。
今生きているところは、まるで檻の中みたいなところなんだとわかったことが
本当に良かったです。




またまたまた、次回につづきます。。。
[PR]
by healinghearts | 2008-04-25 22:51 | aura

神霊主義から神秘主義へ パート2

前回に続き、これは、私の成長の記録のようなものです。

まずは、無知からはじまりです。
エネルギーの”エ”の字も、オーラの”オ”の字も知らないところからの
はじまりです。

それから、うすらうすらと自分の歩んでいる道がどうやら光を求めているのだなと
わかりました。
光とは何か。

光を求めるということは、今は闇にいるのです。

これは正しい道だと思っていても、実は遠回りだったりと紆余曲折するわけです。

真実とはいったい何でしょう。

私にとっての真実とは。。。




オーラソーマは、優しい植物や鉱物、色のエネルギーで、光を教えてくれました。
でもそのエネルギーは強烈でもありました。

オーラソーマに出会う数年前から、私は心を患っていました。
激しい緊張症、パニック症、恐怖心というものに襲われていました。

始めのうちは、オーラソーマのボトルでワーク(自分を癒す)しても
強い変化、ボトルが効いているのかはわかりませんでした。

ですが、オーラソーマのティーチャーがレイキもされていて、
アロマの先生から、以前たくさんヒーリングもしてもらっていて、
それによって、私もヒーリングができるようにはなっていたようでしたが、
自分では確信が持てず、それなら、レイキも受けてみようと伝授を受けました。

すると、レイキもかなり強烈で、それ以後は、オーラソーマも強烈に響くようになりました。

緊張や恐怖などは消えていくのかと思いきや、またぶり返してきたのです。

これは、いわゆる好転反応です。

ですが、本人は、なぜそんなことになるのか、原因もわからずにかなり辛い時期もありました。


オーラソーマを受けたあとも、自分の中では、もっと何かを求めていて
それがやみませんでした。

そして、オーラソーマのコースで知り合った方のご縁で、JMAというヒーリングスクールを
知り、そこで、オーラを透視するという講座を受けてみたいと思いました。

そのころ、漠然とオーラを見てみたいという願望があり、私にもやれるかもと思ったのです。


ですが、残念ながら、オーラを透視するコースは受けることができず、
ヒーリングのコースのみ受講しました。

私は、以前に心療内科に通っていたこともあり、また自分のオーラが不安定で、
オーラを透視するコースは、自分の癒しや変化が大きく起こるために
そのときは受講できないということだったのです。

とても残念でしたが、確かに、熊本から東京まで、1年あまり通わなければなりません。
少し自信ないところもありました。

ヒーリングのコースはそれほど強烈ではないし、もしかすると、ヒーリングのコースを
受講後に、私が透視コースを受けれるような状態にまでなっていれば
その後に透視コースも受講できるかもしれないということもあり、
とりあえず、ヒーリングのコースだけでも受けてみようと、半年間、東京へ通いました。


今思えば、その頃は、ほんとうに藁にもすがるような思いでした。


レイキの伝授を受け、翌日には発熱するほどに、好転反応と強烈なレイキの光の
エネルギーを受けて、身体もそのころの自分も、そのエネルギーの波動の高さに
ついていけずに大変でした。

並行して、アロマセラピストの勉強もしていて、自分のオーラは好転反応で
大変なのに、ヒーリングだなんだといろんなことをやっていて、めまぐるしい
日々でしたが、そうしていなければ、そうしてもがいていなければ、自分を見失いそうで
耐えることができなかったのです。


このように書くと何だかヒーリングって強烈で怖いな~って思われるかもしれませんが、
これは、人によって、どういう反応、影響が出るかは違います。

あくまで、これは私の場合です。

後からわかったわけですが、私の場合は、本来の自分自身と、それまでの自分の生き方や考え方などが、あまりにも違っていたわけです。
ですから、好転反応が強烈だったのだと思います。



レイキの伝授を受けたとき、ティーチャーは
「今日はパワフルなエネルギーが来ています。」
と言っていました。

アチューメントのとき、私は、頭頂にぽっかりと穴があいたようで、
頭上から、ドドーッとものすごいものが入ってくるのがわかりました。

「あ~、これがもしかして宇宙のエネルギーなのかな?」と思いました。
そう思うと、「やっと、出会えた!」という気持ちが湧き出てきて
嬉しくて、涙が止まらなくなりました。
私の内側に眠っていた、本当の私がこれに出会いたかったんです。
本当の私が喜んで、泣いたんですね。



あの時のまるで、頭からバケツの水をいっきにかけられた様な体感は
今も忘れられません。
そして、喜びと感動も。。。

あの時、私は天と再び繫がったのです。






またまた、次回に続きます。。。
[PR]
by healinghearts | 2008-04-25 00:28 | aura

◆13◆ ◇TRANSFORMATION 変容◇

このカードの中心のある人物は、巨大な虚空の花の上に坐り、変容のシンボル━幻想を断ち切る剣、脱皮して若返る蛇、壊れた限界の鎖、二元性を超越する陰陽のシンボルを手にしています。もうひとつの手は、開かれ、受け入れるように、膝の上に置かれています。さらにもうひとつの手は下へ伸ばされ、眠っている顔の口に触れ、私たちが休んでいるときに訪れる沈黙を象徴しています。

b0075497_23213281.jpg



今は手放し(レットゴー)をするときです。あらゆる痛み、悲しみ、あるいは苦境をただそこにあらしめましょう。それは「事実なのだ」ということを受け入れて━。
これはゴータマ・ブッダが何年にもわたる探求の後、もうこれ以上自分にできることは何もないと知って、ついにあきらめたときのその体験にとてもよく似ています。まさにその夜、彼は光明を得ました。変容は死のように、自らの時を得てやって来ます。そして、死のように、あなたをある次元から別の次元へと連れて行くのです。


禅のマスターは、ただの教師ではない。どの宗教にも教師しかいない。彼らはあなたの知らないことを教え、信じるように求める。というのも、そうした体験を客観的現実として表す方法がないからだ。教師にしても、それらを知っているわけではない━信じたのだ。彼らは自分が信じたことを誰かほかの人に伝える。禅は信者たちの世界ではない。信心深い者達のためにあるのではない。それは、すべての信仰、不信仰、疑い、理性、心(マインド)を落とし、境界のない自分達の純粋な存在へと入っていくことのできる、恐れを知らない魂たちのためにある。

だが、それは途方もない変容をもたらす。だからこそ、私に言わせてもらえば、ほかの者たちが哲学にかかわっているあいだに、禅は変態(メタモルフォシス)に、変容にかかわるのだ。それこそが真正なアルケミー。卑金属から金へとあなたを変える。だが、その言語を理解しなければならない。あなたの理性の働きと知的な心(マインド)によってではなく、愛にあふれたハートで━。
あるいは、それがほんとうかどうか気にすることなく、ただ聴くことによって━。
すると、突然、あなたがそれを見る瞬間がやってくる。
それは、生涯を通してあなたを躱(かわ)しつづけてきた。突然、ゴータマ・ブッダが「八万四千の扉」と呼んだものが開く。



~和尚禅タロット 解説より~



幻想を超える
限界を超える
二元性を超越する

すべて、今私たちの前にあることを受け入れる

何にも判断することなく、ただここに居る

理性も心(マインド)も消し去って、ハートで受け入れる


なかなかできることではないかもしれません。

理性も心(マインド)もしぶとく生き残ろうとしますから。。。

でも、これもただのクセです。

だから、きっと消えていきます。

そして、必ず「八万四千の扉」が開きます。
[PR]
by healinghearts | 2008-04-23 23:21 | osho ZEN tarot

神霊主義から神秘主義へ

私がスピリチュアルなことを学び始めたのは、オーラソーマが
始まりでした。
オーラソーマに出会ったのは、その前に学んでいたアロマテラピー
の先生がポマンダーを使っていたのがきっかけです。

はじめにポマンダーを買って、ヒーリング、アロマトリートメント時の
防御に使いました。
それから、本も買いましたが、内容は、その当時、あまり理解できませんでした。

ですが、ポマンダーの香りのすばらしさに魅了されていたので
オーラソーマのコースを学ぼうと思い、ネットで調べた先生、”武藤悦子”先生から
学ぼうと思いました。

他にも先生がいらっしゃったようでしたが、それほど調べもせずに
東京まで行きました。

コースは6日間、ほとんどの時間はポマンダーで色を感じたり、誘導瞑想
をしたり、感じたことのシェアリングなどでした。
これまで、学校で勉強してきたような勉強ではなく、
何かを”感じる””体感する”というものでした。

ポマンダーをつけ、それを感じるだけで、涙が出てくることがたくさんありました。
ピンクのポマンダーをつけたときなど、ほとんどの人が泣いていました。

物言わぬ、この香りは、静かに感じるだけで、私たちにたくさんのもの贈り物を
くれました。

瞑想しているとき、私は色んな”画像”を見ました。
”画像”といえるように、明確なものではなく、まるで”雲”のような
モヤモヤとしたものがたくさん現れたりしましたが、
目をつぶっていて、そんなものがなぜ見えるのだろうと不思議でした。

コースの間、昼食を食べに行ったレストランの
ウェイトレスの冷たい態度に、私はハートのチャクラがズンッとして、ビックリしました。
身体はさわられてもいないのに、尖ったもので胸のあたりを
突かれたような感じがしたのです。


このような感覚は、肉体的なレベルで起こっていることではなく、
いわゆるオーラのレベル、エネルギーレベルで起こっているのですが、
そういうことを、初めて認識できたのです。


オーラソーマは神秘主義になるでしょう。
創始者のヴィッキー・ウォールは”最も偉大な教師はあなたの内側にいます”
と言っています。

また、オーラソーマのボトルは自分を映し出した鏡でもあるから、
そのボトルから何かメッセージを受け取ったり、学ぶことは、
まさに、自分の内側からのメッセージ、内側の教師から学ぶことになるのです。


オーラソーマはカバラ神秘学がベースとなっています。
これは、カバラの教師であったヴィッキーのお父さんが
当時は女性であったために、カバラを学ぶことができなかった
ヴィッキーへ、オーラソーマというシステムをとおして
天から彼女へ伝えました。


私が受けたオーラソーマのコースの中で印象的だったのは、
やはりポマンダーやボトルから感じた、人間的ではない
不思議な優しい、繊細な、愛に満ちたエネルギーを感じたことでした。

それによって、少し、自分が癒されていったことでした。


そして、もうひとつ、レベル2のコースの中でマスターのボトルの解説があったときに
漠然とでしたが、何か大いなる存在や目に見えないけれど、私たちをサポートしているような
存在がいるのだとわかったことでした。


もちろん、それまでにも、霊的なものが存在するのだろうとは思っていました。
信心深いほうではなかったけれども、神社などにもお参り程度はしていましたし。

でも、もっと確信が出たような、そして、霊的なものでも、ご先祖様的なものではなく
何かもっと波動の高い存在がいるということが嬉しかったのです。


カバラについても多少のレクチャーがありましたが、数日間で理解できるような
ものではありませんし、オーラソーマを学ぶことで、私は本当の意味で神秘主義
についての理解はできていませんでした。

オーラソーマは神秘主義でありながら、神霊主義的要素も多いのではないかと思います。


ですが、そのおかげで、何か神聖なエネルギーとの出会いがここにはありました。


私がオーラソーマに出会った理由、オーラソーマを通して学んだことは
”愛”を知るということだったように思います。
これは人間的な愛ではなく、、植物や鉱物にも私たちを癒すような
”愛”のエネルギーがあるということを感じることができたことと、
天には私たちをサポートしてくれる”神聖な愛”があるということを
知ることができたことです。


そこから少しずつ、意識が変化してきました。
物質的な世界だけでなく、エネルギー的な世界というものにまで
ほんの少し足を踏み入れはじめました。



次回へ続きます。。。。
[PR]
by healinghearts | 2008-04-22 07:54 | aura

神霊主義と神秘主義

先日、佐保田鶴治先生の『ヨーガ禅道話』という本を読みました。
これは、先生が生前、ヨーガ教室をしていらっしゃるときに
お話されていたことを、本にしてあるもので、
教室のときに、少しずつ話さたものですので、
内容もヨーガやそれにまつわることについて、短く
そして、わかりやすい説明で、なるほどと思うものが多く、
とてもためになりました。

佐保田先生は60歳を過ぎられてから、ヨーガを始められました。
それまでは、身体もそれほど強いほうではなかったご様子ですが、
30年あまり、立命館大学、大阪大学でインド哲学をお教えになって
いらっしゃった方ですので、学問的にもヨーガについてのプロフェッショナル
でいらっしゃったわけです。


さて、この本の中に「神霊教と神秘教」についての話がありました。
≪神霊教≫とは自分の外に居られる神様を信仰し、その神様たちに対して
お祭りしたり、お祈りしたり、祈願したりする。
対象が自分の外にいらっしゃる神様になる信仰形態です。

この中には一神教も多神教もあります。


そして、≪神秘教≫とは神様、宇宙絶対の神様は外界にいらっしゃるのではなく
私たち自身の中に存在するというような考え方の信仰形態となります。

自分の中にいる神様が宇宙の絶対の神様で、一人一人のなかにいる神様は
それ自身皆独立で絶対となります。
これは、神様といっていますが、あるいは、真我とかアートマンともいいます。

この真我とは、私たちが自分だと思っている自我(エゴ)とは違います。
それは、ただの影にすぎません。

この真我(神様)を求めていくのが神秘教となります。

この神様は自分の内側にいるのですから、どうやってその神様と出会うかというと
それは瞑想になるのです。
ヨーガも瞑想です。

神秘教では一人一人、あるいは、一匹一匹の生物に神さまがそれぞれに存在するのです。
その神様は自分という神様であるけれど、同時に宇宙絶対の神さまの分身でもあると考えます。
ですから、自分の中の神様を見出せば、それがイコール絶対的な宇宙の神様(ブラフマン)
との出会いとなるのです。

そして、面白いことに、神秘教的な考え方だと、自分の中に神があるのだから、
神社やら他のよろづの神様を否定するように思えますが、それはなく、そのような神様たちは
また存在していらっしゃり、敬うのです。

そのような存在はすばらしい神様です。例えば、天使とか守護神などもそうでしょう。
そして、自分以外の人間も、その人の中に神様が存在しているのだから
自分と同じ、尊い存在なのです。


確かに、神社に行けば、そこで、そこに祭られている神様たちの波動を感じます。
きついときに、神社で祈れば、すっきりするのです。
やはり、神様はいるのです。

でも、自分の中に神様もいて、それを探し求めなければ、本当の意味では自分は
救われないと思っていたので、佐保田先生のこの解説は本当に腑に落ちるもので、
私が思っていたことは間違いなかったのだとわかりました。


神秘主義でありながら、神霊主義も含まれるのです。

矛盾しているようですが、それが成り立つのがオーラの世界なのです。


私の中にも世界一の神様が存在しています。
しかし、あなたの中にも世界一の神様が存在しています。

それは私の光であり、あなたの光です。

その光をひとたび見出せば、世界が変わります。



b0075497_1542084.jpg

[PR]
by healinghearts | 2008-04-19 15:56 | aura

山菜パスタ

今日は、最近食べ続けているたけの子と、
さらに、こちらもちょっと連日ぎみのわらびなどで
山菜パスタを作りました。

これが簡単で超おいしい!
我ながら、料理上手?!って勝手に思いながら
楽しく頂きました。

b0075497_21424911.jpg


わらび、たけのこ、干しいたけ、あげを
しいたけの戻し汁とお醤油などで普通に味付けて
パスタとあえるだけです。

そうそう、セリもたっぷり入れました。
天然のセリは丈も短くて、香りもよく、
おひたしなどにもいいようです。

日本にも良いハーブがたくさんありますね^^


他には、たけの子のひこずり。
これも山椒があればベストでしたけれど、
今日はセリがたくさんあるから、セリをいっしょに。

あとは、かんたんシーチキンと名前忘れました、ブロッコリーの
スティックみたいになったのと合えました。

あ~簡単、簡単。
でも美味しかったです。

今日は、パスタ、ひこずりと初めて作ったけれど
上手にできて満足です^^
[PR]
by healinghearts | 2008-04-18 21:42 | おうちごはん

ハーブソルト

先日、遠方からきてくれた友人、彼女はアロマやハーブにも精通していて
お土産に自家製のハーブソルトをいただきました。

b0075497_21223727.jpg


さっそく、ブランチでサラダやお野菜のソテーに使わせていただきました。

b0075497_2123116.jpg


12種類ものハーブを使ってらして、ハーブの量も多くってとても香りがよく
おいしくいただきました!


これから、お野菜の美味しい季節ですし、たくさん使えます。
ありがとうございます。


さて、今回再会した友人とは5~6年くらい前に初めて会ったと思います。
アロマ繫がりです。

そのときも講座でごいっしょした6日間でいろんな話をして
その後は1~2回会った程度です。

今回も実に3年ぶりの再会でしたが、
お互い3年間、いろんな経験をしていましたが、
やはり何か共通しているものがありました。

だからこんなにブランクがあっても、また会えたのだと思います。


私はアロマやヒーリングなどの勉強は県外ばかりで、学ぶ期間も数日だったりと
短いことが多いので、そこで出会った人ともいっしょにいる時間は
短いですが、とても濃厚な時間だったなと思います。

その数日は、きっと過去世では一生かかって学んだことではないかと
思われるように。

だから、そういうときに出会った友人とは、たまにしか会わなかったり連絡しなくても
いろいろと深い話ができますし、

真の友、ソウルメイトだと思います。



自分にとって本当に必要なことを始めると、そういう大切な人たちとも出会ってきます。

これはすばらしい財産です。

時には、そういう人たちが助けてくれたり、ささえてくれたり、
いろんなことを教えてくれます。

そして、そこには大きな、深い愛があります。


今回、私にとっても”愛”がテーマな出会いであったように思います。

一瞬、一瞬を見逃さず、目覚めていることも。


また、いつかお会いできたらいいなと思います。
[PR]
by healinghearts | 2008-04-17 21:23 | healing

久しぶりの再開

今日は隣県から友人が訪ねてきてくれました。
レイキの再アチューメント受講のためでしたが、
3年ぶりの再会でした。

お話もはずみ、本当に楽しいひと時でした。
今日の私の気づきはまた後日ゆっくりと書きたいと思いますが、
今、お話をしてわかれた後もハートのあたりに暖かい余韻が
残っています。
きっとたくさんの愛を頂いたのだと思います。

またお会いできて良かったな^^

ありがとうございます。


b0075497_2242283.jpg

[PR]
by healinghearts | 2008-04-14 22:39 | private


☆★お知らせ★☆
.・☆Healinghearts☆・.

パステルアート・クレイアート、人生を変えるカウンセリング!

ホームページはこちら→
www.nobukomiura.com

☆お申込み、問い合わせ☆
nobuhearts☆gmail.com
(☆を@に変えて)


◇◇お知らせ◇◇
セッション、アート講座は対面、スカイプで全国対応


nobuheartsをフォローしましょう

◆スピリチュアルカウンセリング◆
感情と思い込みを手放して、心軽く自分らしくなる

◆リーディング◆
魂と守護天使からメッセージを聞き、愛を受け取る

◆パステル和アート◆
◆天使画◆
◆パステリア書◆

ストレスを解放、心元気に楽しく生きる

◆レイキヒーリング◆
心と体を癒して元気に

◆資格取得講座◆癒しの資格、好きなことを仕事にして喜びを分かち合う







ブログパーツ
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧